住まいを購入する為の説明を記載します。

おしゃれな間取りではなく、家事をしやすい機能的な住まいにすることで、主婦の家事の負担が軽くなります。

住まいを購入する為の説明を記載します。

家事を考えた住まい作りについて。

新築の一戸建てを建てる場合に、一番悩み、考えるのは間取りではないでしょうか。テレビドラマや映画に出てくるような、おしゃれな間取りに憧れますが、実際に生活することを考えると、見た目だけではなく、機能的な住まいにすることも大切です。特に家族の中でも家事を一番多くすることになる主婦にとっては、間取りはかなり重要になります。家事をスムーズにできる家であれば、負担も少なく、楽になります。主婦が一番長い時間過ごすのは、おそらくキッチンです。キッチンを中心に考えて、導線を想像し、間取りを考えると、機能的になります。

朝は、食事作りと同時に、洗濯をする家庭が多いかと思います。そのため、キッチンの近くに洗濯機を置くと、導線が短くなります。最近よく見かけるのは、キッチンの隣に、家事スペースを設け、その隣に洗濯機を置く洗面所になっている間取りです。また、浴室乾燥機を設置したり、洗濯機のある場所に物干しをスペースを作って、移動しなくても洗濯物を干せるようにしている間取りも人気があります。天気や気温を気にせずに、洗濯物を干すことができますし、重い洗濯物を持って移動する必要がないので、家事の負担がかなり少なくなります。