住まいを購入する為の説明を記載します。

高齢の方は住まいのちょっとした段差で転んでしまう事がありますので、注意しながら生活するようにしてください。

住まいを購入する為の説明を記載します。

住まいの段差に転ばないように注意

バリアフリーの環境が整っている住まいの場合には、極力段差を無くしていますので転んだりするのを最小限に抑える事ができます。しかし昔の住まいは段差などを考えずに作られている事が多いですので、高齢の方は特に注意してもらいたいです。若い方に比べて筋力が衰えている影響もあり、ちょっとした段差につまずいてしまって、骨折などの大きな怪我に繋がる可能性があります。

住まいにいくつかの段差がある高齢者の方はバリアフリー環境を速やかに整えた方が安心です。リフォームなどを実施しなくてはいけないのですが、自分の安心を考えるととても大切なことになります。住まいの環境によってはそこまでリフォーム代が発生せずに手軽に実施できる場合もあります。若い方にとっては大した問題ではなくても、高齢者にとってちょっとした段差が命に関係する事もあるので、安易に考えないようにしてください。

住まいによってはかなり多くの段差が発生している場合があります。転んでしまうと怪我をしてしまう可能性があり、重度の場合には骨折などの怪我をするケースもあります。くれぐれも住まいの段差については注意するようにしてください。段差を無くす努力をする事で、怪我をするリスクや危険を取り除く事ができます。