住まいを購入する為の説明を記載します。

住まいを購入する場合には頭金が必要です。その貯め方は積立が一番で、可能であれば財形を利用するといいでしょう。

住まいを購入する為の説明を記載します。

住まい購入のための頭金の貯め方

住まいを購入しようと考えた場合、それが一軒家であってもマンションであってもある程度の頭金が必要だということは常識です。もちろん収入によっては全額融資を受けられる場合がありますが、ローンは状況の変化があって返済不能になってしまう場合もあります。そのような場合には売却しても時価の状況によっては全額の返済がままならず、担保になっている住まいがいずれにしろなくなってしまうということになります。そういうリスクを避けるためにもある程度は自己資金による購入の形をとる方が賢明です。

この自己資金の貯め方ですが、定期的に積み立てていくのが一番いい方法です。家計に余裕がある時に貯金するという方法だと目標額に届くのがいつになるのかその予定を立てることも難しくなりますし、なにより、貯まる保証がありません。積立が一番です。

その積立の方法として、会社員であれば財形住宅積立を使うという方法が有効です。積立中の運用益が一定の範囲まで非課税になるという恩典がついていますので、これを賢く使うことがポイントになります。財形を一定期間、一定金額以上やっておけばいざという時に住宅融資を受けることも可能になっていますのでそのメリット考えると活用できる人は活用するというのはいい選択肢だと思います。